こんにちは!鎌倉・北鎌倉・大船のヨガ教室 ヨガシャラ大船 代表のシュンドー早苗です。

今日はヨガ業界のお話を一つ。

ヨガ指導者になるには、特に資格は必要ありませんが(もちろん、ヨガの練習経験は必要です)、世の中には色々とそういった資格を発行している学校や機関があります。

その中の一つ、有名なのが全米ヨガアライアンスです。
よく勘違いをしてプロフィールに「RYT200認定」と記載しているインストラクターが多いですが、この全米ヨガアライアンスは資格を認定しているのではなく、全米ヨガアライアンス認定校が必要なカリキュラムを終了した者から「RYT®︎200登録申請」を受けて、全米ヨガアライアンスに「登録の許可」を出して初めて全米ヨガアライアンスに登録ができます。
ですので、全米ヨガアライアンスが認定しているのではなく、認定しているのは認定校で、RYT®︎200は「登録」と書くのが正しい表記です。

残念ながら日本のヨガインストラクターは、全米ヨガアライアンス認定校の200時間トレーニングを終了したら自動的にRYT®︎200が取れると勘違いしている人や、全米ヨガアライアンスに登録していないのに「RYT200」とプロフィールに嘘の記載をしている人が多いのが現状です。嘘のプロフィールを書く行為は、ヨガの八支則「不盗(アスティア)」を犯していることになりますので、ヨガを実践されるのでしたらこういったことはしてはいけません。

 

前置きはさておき、全米ヨガアライアンスに登録すると何か良いことがあるのかというと、RYT®︎200だと正直言って特にメリットはないのですが、E-RYT®︎200にアップグレードすると、ちょっとだけメリットがあるかな?というところです。
(RYT®︎200に登録をしてもメリットがないので、それが理由で登録していないインストラクターも多いです)

私はRYT®︎200に登録してから2年以上、かつ1000時間以上の指導経験を持っているので、今回、全米ヨガアライアンスからアップグレードの資格があるとダッシュボードに表示されたので、E-RYT®︎200とYACEP®︎に登録しました。

E-RYT®︎200は、全米ヨガアライアンス認定校で講師として活躍ができます。
YACEP®︎は、RYT®︎200登録者のための継続教育トレーニングを開催することができます。

いつか、新米ヨガ講師のために、生徒さんに分かりやすく伝える指導法の講座を開きたいな〜と思っていたので、YACEP®︎での活躍は今後期待できそうです。

 

今回のアップグレードは、ある意味、経験を全米ヨガアライアンスに評価されたのだと思い、今後も地域の皆さんのために、健康で快適な毎日を過ごすお手伝いをしてまいります!

ちなみに、全米ヨガアライアンスではこんな感じで登録されています。
TeacherPublicProfile

いや〜、頑張ってるな。私。(結局、それを言いたかった・笑)
これからも頑張りまっす!

 


遠方からのご参加、ありがとうございます!
横須賀市、逗子市、葉山町、横浜市、藤沢市、相模原市の方にもご参加いただいてます!