こんにちは。鎌倉・北鎌倉・大船のヨガ教室 ヨガシャラ大船のシュンドー早苗です。

先週の土日は、とてもスピリチュアルな時間を過ごせました。

まず6月30日(土)。

午後は、ヨガシャラ大船の大船西口教室で「自分と向き合うためのワークショップ2本立て」を開催しました。
第一部はマインドフルネス・メディテーション、第二部はヨガニドラ。どちらのクラスも瞑想が初めて、ヨガニドラが初めてという方たちがほとんどでしたが、私の体験談を交えながら説明をさせていただき、実践しました。

第一部のマインドフルネス・メディテーションでは、皆さんに簡単な自己紹介と瞑想をやろうと思ったきっかけなどを教えていただき、それをもとになぜ雑念が湧くのか、瞑想を実践するとどのような変化が起きるのかなどの説明と、私の先生デイヴィッド・ニックターンと、先生の師チョギャム・トゥルンパ・リンポチェについてのお話をしました。
その後、15分間の瞑想を2本実践し、1本目の感想をもとにアドバイスをさせていただき、2本目でアドバイスをもとに実践していただきました。

参加者さんからは、1本目は考え事でいっぱいだったけれど、2本目をアドバイスをもとにやったら、呼吸に意識を置きやすくなったとの感想をいただけました♪
マインドフルネス・メディテーションはシンプルな瞑想法ですが、まずは基本のやり方をシンプルに実践していただくことで、ご自身の変化に気づく時が必ず訪れますので、ぜひご自宅で、まずは5分からで良いので瞑想を習慣にしていただけると嬉しいです。

第二部のヨガニドラでは、ヨガニドラを現代版にリバイバルしたスワミ・サティヤナンダのことや、実践することで得られること、サンカルパの作り方を説明したあとに、やさしい太陽礼拝で身体をほぐしてから実践をしました。
参加された生徒さんから、その日の夜はぐっすり眠れたとのご感想をいただきました。

ヨガは師から弟子へと伝えられることが重要なので、瞑想とヨガニドラのプラクティスを歪められることなく、正統な系譜で弟子である私まで先生から伝えていただき、それを私が生徒さんに伝えることができ、とても幸せです。

最近感じることは、更年期障害で悩んでいる方たちに、この2つのプラクティスが症状を軽減するのに効果があると感じています。もっと多くの人に瞑想とヨガニドラを広め、快適な毎日を過ごすための手助けをしたいと思っています。

 

教室を終えたあと横浜へ向かい、クリシュナ・ダスのキルタンコンサートに参加しました。
キルタンとは、インドの神様の名前(サンスクリット語)を、メロディに乗せて繰り返しチャンティング(唱える)する、バクティーヨガ(献身のヨガ)です。

クリシュナ・ダスはキルタンで有名な人で、日本に来日するのは11年ぶり。
そして、私の瞑想の先生であるデイヴィッド・ニックターンは、クリシュナ・ダスのメンバーだったのです!

クリシュナ・ダス(以下、KDと略します)と友達という話は聞いていたのですが、先生がギタリストとして参加していているのを知ったのはつい先日で、先生が本業のギタリストとして弾いている姿を見たのは初めてだったので感動しました。
実はディヴィッド先生の本業は作曲家で、グラミー賞にノミネートされるなどすごい人なのですが、そういうのを全く自慢することがなく、いつも自然体で素晴らしいなと思います。

初めて生でKDのキルタンに参加できて幸せでした!
下記の動画は私が好きな曲、Mare Guru Devです。

 

そして7月1日(日)。
大船西口教室の日曜クラスを終えてから、KDのワークショップに参加しました。

ワークショップではキルタンのほか、KDのお話と質疑応答があり、初心に返ることができました。
「あなたが悟ったのはいつですか?」の問いに、「僕はまだ悟っていないし、いまだに自分をクソ野郎だと思うことがあるよ。でも前よりクソ野郎って思わなくなったけどね。もし悟る日が来たら連絡しますね(笑)」と答えていたことに、自然体だなぁと思いました。

こんなにすごい人だと、つい私たちは「この人は普段からスピリチュアルな暮らしをしているんだろう」と思ってしまいがちだし、自分自身も私の場合だとヨガ講師をしているので、”ヨガ講師はこうあるべき”みたいな理想像を持ってしまいがちで、理想と現実のギャップで自分で自分を苦しめています。

もちろん、良い状態に向かうための努力はするけれど、理想のために無理をしたり、それがストレスになっては元も子もないですね。
私も最近、それに気がついて、「こうあるべき」と思うことを手放しました。現状をありのままに受け入れ、そして良い状態に向かうための努力をできる範囲でするようにしたら、すごく楽になりました。

最後のお話で、「僕がハヌマン・チャリーサを歌うとき、僕のグル(故マハラジ)といつも繋がっているのを感じることができるんだ」と聞いて、胸が熱くなりました。彼の歌に惹かれるのは、グルを思って歌っているからなんだなと思ったからです。こうも言っていました「自分が歌っていると思っていないよ。」大きな力に導かれて歌っているから、人々を魅了するのでしょうね。貴重な四時間半でした!

ワークショップの後、私の瞑想の先生たちも参加されていたので一緒に写真をとっていたら、私のヨガの先生から「あれ?早苗さん、Mizukaさんと知り合いなの?」と質問され、聞くと、私のヨガの先生Sundari先生と、Mizuka先生が高校時代の同級生とのこと!
お二人ともこの会場で高校卒業以来、偶然久しぶりに会ったそうで、その二人の先生から偶然私が生徒として習っていたこと、つながりにびっくりしました!

デイヴィッドとすけさん私の瞑想の先生 True Nature Meditation
左:河津祐貴先生 右:ディヴィッド・ニックターン先生

私の瞑想の先生 True Nature Medetationの小池瑞香先生

 

この日は予定ギューギューで、ワークショップの後に松原先生のお家でヨガシャラ大船のミーティングと、私の友人でありコーチングをしてもらっている齋藤新子さん(SAITO OFFICE)にPoints of you®︎を使いセルフコーチングをしてもらいました。

「自分らしく働く」をテーマに、過去、未来、現在のカードを選び、カードを見ながらひらめいたことやキーワードをもとに自分を読み解くワークです。最後に、裏返しの状態で1枚メッセージカードを選び、右隣の人にプレゼントする・・・というのをやったら、未来で選んだカードに書かれている言葉と、メッセージカードが同じで、これまたビックリ!

3人ともリンクしていて「きゃー!!!なにこれ、すごい!」と大騒ぎしてしまいました(笑)

あんたたち、騒ぎすぎにゃん。と、言ってそうな、ララ先生(笑)

2日間とも、朝から晩まで長丁場でしたが、色々なつながりに気づけた2日間でした!