こんにちは!ヨガシャラ大船のシュンドー早苗です。
これもよくいただく質問です「どうしたらヨガが上達しますか?」

これはもう私が答えるまでもなく、答えは一つしかありません。
練習あるのみです。

同様の質問で「どうしたら柔軟になりますか?」も同じ答えです。
練習あるのみです。

理想は、毎週教室に通い、それ以外におうちでも毎日練習することです。

働いている方は毎日の練習時間を取るのが難しいと思いますので、まず毎日何分ヨガの練習時間を取ることができるか考えます
例えば5分だったら毎日練習できるという場合は、太陽礼拝を1セットだけ行うのでも良いでしょう。
1分しか練習時間が取れなかったら、呼吸法を1つ or ポーズを1つ これだけでも良いと思います。

「塵も積もれば山となる」という諺があるように、少しでもコツコツやればいずれ大きな財産になります。
勉強法でも同じことを言われていますよね。毎日5分を一年間やったら1825分(30時間少々)です。やらないよりは少しでもやっておくと良いでしょう。

もう一つ、上達(ヨガはポーズができれば良いというわけではありませんが)の方法としては、クラスの中でよく出てくるポーズとポーズ名を覚えることです。
まずは太陽礼拝の流れを覚え、毎回伝えている注意点を思い出しながら自宅でも練習します。
次によく出てくるポーズ、例えばダウンドッグ、プランク、ウォーリア1(戦士のポーズ1)、ウォーリア2(戦士のポーズ2)、トリコナーサナ(三角のポーズ)のポーズ名とポーズの形・手と足のポジション(このことをアライメントと言います)を覚えます。これも同じですが、毎回伝えている注意点を思い出しながら自宅でも練習します。特にウォーリア1、ウォーリア2、トリコナーサナは骨盤の向きをしっかり覚えていただくと、その他のポーズの理解が深まります。
これらを覚えただけでもクラスでスムーズにポーズを取れるようになりますし、ポーズを深くできるようになります。

また、ヨガのポーズの解説本を購入されるのも良いと思います。
爪先の向きなど、忘れてしまった時の確認もできますので、ポーズをしっかり覚えたい方は本も活用しましょう。
今発売されているものでオススメなのは、綿本先生の本です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

YOGAポーズの教科書 [ 綿本彰 ]
価格:1728円(税込、送料無料) (2017/2/26時点)

なぜこの本をオススメするかというと、首の位置が自然だからです。
いつも教室でもお伝えしていますが、無理に顎をあげて頭を後ろに倒すのは首に負担がかかるので、特定のポーズ以外、首は自然な位置で行います。
そういう点でオススメな本です。

一部のポーズ(表紙の写真で言うと左列上から2個目のパリガアーサナ、右列上から2個目のトリコナーサナなど)の爪先の向きが私の教室でお伝えしているやり方と違う部分がありますが、大体は同じなので、まずは完成ポーズを頭にインプットしてイメージトレーニングすることも上達のコツです。

イメージトレーニングは体操の内村選手もやっている方法で、完成ポーズを頭でイメージし、かつ自分がそのポーズを行っている状態を臨場感を持って想像すると(これが最大のポイントです)、実際にポーズを行った時に完成形に近づけることができます。こういった脳科学を利用して練習する方法も有効です。

ヨガはポーズだけがヨガではありませんが、まずは上記に書いた方法をご参考に練習を行ってみてください(^^)